• サービス操作案内
  • 送信準備ツール
  • お役立ち講座
  • ご利用上の注意
  • お知らせ
  • FAQ
  • ご利用に関して
ご移転・FAX移設時の手続き
  • アダプター移設はお時間がかかることがございます。ご利用予定日の3日前には終了されますよう、ご協力よろしくお願いします。
  • 移転前(全てのお客さまへ)
    移転が決まりましたら、すぐに「お客様情報変更シート」に変更点と必要事項を記入の上、FNXセンターにFAXをお送りください。
    お客様情報変更シート」到着後、FNXセンターより確認のお電話をいたします。

    ハッピーFAX: 0120-831-890
  • 移設当日(FNXアダプターをご利用のお客さまへ)
  • 移設手順のご説明
    ≪step1≫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    FAXの電源を抜いてください。
    ※FAX機のバッテリーが消耗していた場合、電源を抜くとメモリが消えてしまう可能性がございます。
    電源を抜く必要がある場合には、FAX保守への問合せをお願いします。
    ※アダプターのみ移設の場合は、FAX機の電源を抜く必要はありません。


    ≪step2≫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    アダプターのコンセントを抜いてください。

    ※警報音が鳴りますが問題ありません。




    ≪step3≫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    アダプターには、2本のモジュラーケーブルがつながっています。
    FNXアダプター背面の「局線」に接続されているケーブルを、ローゼットから抜きます。
    ※アダプターのみ移設の場合は、アダプターの「局線」からケーブルを抜き、FAX機の接続部分(LINEなど)に接続してください。
    ※アダプターをはずしたFAX機に関しては、一般送受信のテストを行っていただくよう、お願いいたします。


    ≪step4≫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    FAXとアダプターを一緒にして移動してください。


    ≪step5≫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    移設先にあるローゼットに、先ほど抜いたアダプターの線を差し込んでください。


    ≪step6≫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    アダプターのコンセントを入れてください。


    ≪step7≫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    FAXのコンセントを入れてください。
  • FNXアダプター移設に伴う入力テストの方法
    FNXに正常に接続されているかを確認するため、アダプター移設後に必ず入力テストを行ってください。


    ≪step1≫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    FAXにテスト用原稿(どこにも送信されませんので、白紙でかまいません)をセットし、FAXのテンキーまたは電話機で

    ダイヤル回線の場合
    (0発信の場合は『0』を押してから「170」)

    プッシュ回線の場合
    (0発信の場合は『0』を押してから「#7*0##」)

    というテストコードを押し、スタートボタンを押します。


    ≪step2≫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    2~3分程たって、FAXに『宛先指定ミスのお知らせ』が届いたら正常です。


    ≪step3≫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    次に原稿はセットせず、FAXについている受話器を上げるか、オンフック(FAX機により名称が異なります)を利用して、

    ダイヤル回線の場合

    プッシュ回線の場合
    (0発信の場合は『0』を押してから「#6* 99999##」)

    というテストコードを押します。数秒後『ピー(受付確認音)』を確認してから
    受話器を置くか、オフフック(FAX機により名称が異なります)を押してください。


    ≪step4≫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    2~3分程たって、FAXに『再送信指定ミスのお知らせ』が届いたら正常です。


    ≪step5≫

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    テストが終了いたしませんと、FNXサービスがお使いいただけない場合がございますので、ご注意ください。
    尚、電話でのご案内も行っております。サービスコールまでご連絡下さい。




    【送信先を短縮登録されていた方へ】
    短縮登録方法のお問い合わせは、FAX機の保守会社へお問い合わせいただくか、もしくはFAX機のマニュアルをご参照いただきますようお願いいたします。