• サービス操作案内
  • 送信準備ツール
  • お役立ち講座
  • ご利用上の注意
  • お知らせ
  • FAQ
  • ご利用に関して
2.ご注意いただきたいこと
  • 送信を行う前に必ず以下をご確認ください。

    FNXサービスでは、「画質」や「送信モード」を、選択していただくことが可能です。
    お客様の目的に応じ、送信のたびに最適な送信条件をお選びください。
    また、FNXでは、一旦送信が開始されると、途中で止められません。十分にご確認ください。

  • 2-1・「ノーマルモード」と「ファインモード」の違い
    FAXを送信する時は、送信する原稿の内容にあわせて、通信画質を選びます。
    FAXの通信画質には、「ノーマルモード」と「ファインモード」があります。

    ・ノーマルモード :通常の送信の際はこのモードをお勧めします。
    ・ファインモード :小さな文字や細い線の図などが含まれている場合にお勧めします。
    ノーマルモードよりも高い密度で原稿が読み込まれるため、きれいに送信できます。

    ファインモードで送信した場合は、ノーマルモードでの送信より、料金が高くなります。
    ※FAX機によっては、通信画質に「ノーマル」や「ファイン」以外の用語(詳細、スーパーファインなど)を使用している場合もあります。
    通信画質の説明や切替方法については、お使いのFAXのマニュアルを参照してください。

  • 2-2:「エコノミー送信」と「スタンダード送信」の違い
    FAXの送信パターンは「エコノミー送信」と「スタンダード送信」から選択します。
    「エコノミー送信」を選択すると、送信完了まで時間がかかりますが、通信料金が割安になります。
    送信の用途にあわせて、送信方法を使い分けることができます。

    ※エコノミータイプで送信するには、送信の都度、エコノミータイプを指定する必要があります。(指定しないと通常の料金になります)

    ※FNX一斉同報サービスの場合、エコノミータイプを利用するには事前に申し込みが必要です。
    また、ダイヤル回線では、この機能はご利用できません。

    ※再送信時にも利用できます。

  • 2-3:FNXでは、送信したものは、途中でとめられません。十分にご確認ください!
    FNXで送信開始をしたものは、途中でとめることはできません。
    特に社外のお取引先様への原稿は、事前に「原稿内容」「画質」「宛先」「枚数」「時刻指定」など間違いがないか、ご確認ください。